忍者ブログ

<松尾貴臣さんのライブ>

<朝比奈ミカさん、いちかわうらやす678プロジェクト報告>

<フードバンクと連携した「定時制高校生応援プロジェクト」の報告>

<定時制高校生の写真と文章のスライド>

   2019年5月81日18時~20時、習志野市茜浜ホールにて、「16・17・18 高校生の食、どうする?」というイベントが50人の参加で開かれました。
 千葉県では2018年3月末をもって県立の夜間定時制高校の給食が廃止され、以降は各高校の取り組みとして「夕食」(自己負担:200円/食の補助あり)を提供していますが、学校によっては利用率が低いのが現状です。
 2015年12月に定時制高校の教員等を中心に結成された「千葉県夜間定時制高校の給食を守る会」では、給食継続のために議会での請願活動などのほか、地域でのイベントなどを行ってきましたが、昨年(2018年)後半からは「夕食どうする?ミーティング」を重ねて、高校生の食の問題について話し合いを続けています。
 今回は、「高校生の食を考える会」と名称を変え、生活困窮など課題を抱える高校生年代への支援について、多くの方に考えていただけるようイベントを行いました

 最初に、千葉市を拠点に音楽活動をしている松尾貴臣さんのトーク&ライブがあり、その世代にはたまらない尾崎豊の曲やオリジナル曲で盛り上がりました。
 その後は「中核地域生活支援センターがじゅまる」が中心となり、圏域の関係者と支援の届きにくい高校生のワンストップ相談に取り組んでいる「6・7・8プロジェクト」の事例について朝比奈ミカさんの報告があり、「中核地域生活支援センターまるっと」が呼びかけて始まった、定時制高校生へのフードバンクを利用した支援の取り組みについて報告がありした。
 また、県立生浜高校(定時制)の教員や現役の生徒からの報告・発言があり、定時制高校生にとっての給食・夕食の意味について深めることができました。

 フードバンクちばは、今後も高校生年代の支援に積極的に関わっていきたいと思います。。

拍手[4回]

PR
2018年11月7日、市川市の京葉ガス本社で、災害備蓄食品の贈呈式がありました。

約9,000食ほどのレスキューフーズ(1日セット:ビーフシチュー&ライス、シチュー&ライス、牛丼、中華丼、和風ハンバーグ)をご寄贈いただき、市川市社協、松戸市社協、柏市地域生活支援センターあいネット、フードバンク船橋の各団体に分配させていただきました。

地域の企業のみなさまよりご理解・ご協力が広がり、災害備蓄食品の寄贈をお申し出いただく機会も増えています。

京葉ガス株式会社のみなさま、ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。




拍手[0回]

そろそろというかいよいよ、フードバンクちばの事務所が手狭になってきました。
2012年に開設して以来、千葉市稲毛区緑町で活動してきましたが、食品の寄贈の増加および提供の増加により、保管場所と活動場所が手狭になっています。

近い将来に移転を考えているのですが、なかなか適当な場所が見つかりません。

ぜひ、みなさんに移転先の情報提供を呼びかけます。

条件は以下の通りです。

・千葉市内(できれば中央区か稲毛区)
・駅から徒歩10分以内(ボランティアさんが参加しやすい場所)
・1階
・最低30坪以上の広さ
・賃料はできるだけ安く(15万円以下・・・)

この条件はなかなか厳しいことはわかっていますが、ほぼ寄付金と会費で運営しているため、大きなお金をかけることは難しい状況です。

フードバンクちばの今後の発展のため、良い物件の紹介・情報提供をよろしくお願いいたします。

拍手[4回]

ひとつ前のエントリーで米花輪の寄贈について書いたら、お米をお送りいただいたパク・ユチョンさんのファンのみなさんから、丁寧なコメントをたくさんいただきました。

ひとつひとつのコメントにはお応えできませんが、この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

日本でのフードバンク活動は、まだ歴史は短く小さな活動ですが、皆さま方の善意に支えられて何とか活動を続けています。

今回、お米を送らせていただいた福祉施設や子ども食堂の他に、毎月200件近くの困窮する世帯(個人・家族)に食品の支援を行っています。

フードバンク活動に公的な支援は無く、活動に使う食品も資金も、ほとんどが地域の方からの寄付によって賄われています。

そのため韓国のように、有名なアーティスト(とそのファンの皆さま)が率先してこのような社会活動に関心と理解を示して下さるのは、とても大切なことだと思います。

今後とも、フードバンクちばの活動にご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

フードバンクちば・菊地




拍手[12回]

9月25日に(有)アール・アンド・ユーソフトサービスという会社を通じて、フードバンクちばに「米花輪」というお米の寄付をいただきました。実は、フードバンクちばを設立した頃に米花輪についてネットで知り、韓国の習慣ということで、日本でも普及しないかなと考えていましたが、ついにフードバンクちばでも米花輪をいただく機会を得ることができました。

 
<実際に贈られた米花輪。下の部分にお米が積んであります。>

 「米花輪」とは、韓国のアーティストや芸能人のファンが、コンサートやイベント時にお米などを送るということなのですが、贈られたお米をその後福祉団体等に寄贈することができるというものです。 「米花輪」についてはこちら

 今回は、6月に幕張メッセで行われた元東方神起のメンバーであるパク・ユチョンさんのイベントにファンのグループから送られた米花輪180kgで、ファンの方がフードバンクちばへの寄贈を希望されたとのことです。

 大変ありがたい取り組みで、今後また機会があれば、ぜひお受けしたいと思います。ご寄贈いただいたお米は、千葉市内の児童養護施設や子ども食堂などに寄贈させていただきました。


<千葉市内の児童養護施設への寄贈>


<千葉県内の子ども食堂への寄贈>

 ありがとうございました!

拍手[127回]

HOME  → NEXT
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
fb_chiba
性別:
非公開
最新CM
[05/16 かねつな しんや]
[10/12 michiyo.y]
[10/11 youko☆]
[10/11 スーパーコピーN級品バッグ財布時]
[10/09 かなかな]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
Copyright (C) 2019 フードバンクちばblog All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]