忍者ブログ
台風15号の被災地支援のためにフードバンクの仲間が支援物資を持ってきてくださいました。
それぞれの活動がお忙しい中、本当にありがとうございました。
フードバンク調布の松木さん

フードバンク山梨の米山理事長

拍手[0回]

PR
9/9未明の台風15号による広域的な被害については、連日の報道もあり、みなさまには大変なご心配をおかけしております。
 フードバンクちばのある千葉市でも、倒木などによる停電が広域で起こりましたが、幸いなことにフードバンクの事務所は大雨による浸水が一部あった以外は大きな被害はありませんでした。
 今回の台風については、史上最大の規模だったとはいえ、当初はライフラインも3日程度で復旧するものと思っていたのですが、報道でも明らかになったように、電話など通信も途絶していた地域も多く、9/12ごろになってようやく食糧支援などのニーズが伝わってきました。
 フードバンクちばとしては、9/12より市原市の病院や生活困窮者自立支援機関、山武市の支援機関などに災害備蓄食品などを提供したほか、生活協同組合に依頼して南房総市役所に飲料水を3,600本届けるなどの活動を行いました。また、南房総市での炊き出しに食品の支援を行っています。
 その後も、現地の機関と連絡を取りながら、館山市の福祉施設への食品支援、館山市、香取市、東庄町の社会福祉協議会への食品支援をさせていただきました。
 現在は、支援ニーズとしては、ブルーシート張りやがれきの撤去という段階で、電気の復旧やスーパーなどの再開も進んでいるほか、各地からの支援物資も届いて、食品も含めた物資の不足状態は解消してきています。ただ、山間部などの高齢者世帯などには、停電断水や物資が行きわたっていない地域もあると言われており、アウトリーチ的な対応が必要になっています。
 フードバンクちばとしては、現地の団体と連絡を取りつつ、生協の生鮮食品を地域の炊き出しに提供する仲介を行っています。9/21からの今度の3連休は、県内各地で5か所ほどの炊き出しが行われる予定になっています。また、オムツや食品などの個別ニーズも細かくお聞きしながら対応していく予定です。
 今後みなさまには、また支援等をお願いすることがあるかと思いますが、その際にはよろしくお願いいたします。

2019年9月20日

フードバンクちば 菊地 謙

拍手[0回]

11月23日(祝)にフードバンクちばで、幕張メッセ様よりいただいた非常用備蓄の飲料水100箱を南相馬の「NPOあさがお」(障がい者支援団体)と、相馬市にある「野馬土」(直売所・農民連) に届けてまいりました。

相馬の「野馬土」の事務長は、フードバンクちばスタッフのご学友ということで、南相馬のNPOもご紹介いただき、そのご縁での支援活動でした。

以前、飲料水をお届けした相馬市の保育園もそうですし、飯舘村のみなさんもそうですが、いまだに、水道は問題なく安全と言われていても、ペットボトルの飲料水の需要はかなり、 飲料水の提供は大変喜ばれています。

今後ともフードバンクちばでは、福島への支援を継続していきたいと思います。


NPOあさがお


直売所「野馬土」


拍手[0回]









 2011年3月の東日本大震災後、すでに5年半の月日が経ちましたが、福島県では原発災害からの復興はまだ遠く、多くの影響が残っています。その中でも福島第一原発の爆発後、風向きの関係で放射能に汚染された飯舘村は、全村避難を強いられいまだに無人のままです。報道でもある通り、来春には帰村できる方向だそうですが、避難後6年を経て戻れる人はわずかとも聞きます。原発とは何ら関係のない平和な村に突然起こった理不尽な出来事に怒りと悲しみを感じます。

 フードバンクちばでは、被災地への支援を続けていますが、この間企業様より災害備蓄品の飲料水をご提供いただき、福島県の浜通り地方や、飯舘村から避難している方々にお届けする活動を続けてきました。

 11月9日は、(株)永谷園より2リットルの飲料水6本✖151箱を福島県に直接お送りいただき、飯舘村から避難している方々にお配りしました。飯舘村の皆様にとっては、水はまだまだ需要があり、普段は購入されていますが、今回のような東京からの支援は、大変喜ばれています。

 飯舘村の自宅に戻った際に利用する方、避難先で子供のいる家庭や、借り上げ住宅(避難先)の人達の自治会の事務所などかなり複数の場所に引き取られました。基本は、飯舘村の借り上げ住宅(仮設住宅ではない)のみなさまに幅広く届いています。

 永谷園のみなさま、ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

拍手[0回]

8月30日に東北に上陸した台風10号は東北北海道地方に甚大な被害をもたらしました。
 今回、町内を流れる川が広範囲で氾濫した岩泉町への支援活動を行いました。岩泉町では、町を流れる小本川やその支流、沢などがいたるところで氾濫、今もって停電や断水が続いている地区も多くあります。飲み水の支援要請があり、フードバンクちばとして9月2日に飲料水とアルファ化米の物資支援、9月10日に飲料水、大人用おむつ、炊き出しの支援を行いました。これらの支援活動には常総生協(本部:守谷市)と連携しながら取り組みました。



 いつもFBちばにご協力いただいている三和商事株式会社さまよりお声がけをいただき、株式会社タムラ製作所さまより、今回の災害支援のためにと特別に飲料水や防災備蓄食品を大量にご寄贈いただきました。

 今回、炊き出し(カレー/みそ汁)を行うことになり、常総生協さんが食材を提供、出発前に常総生協の調理室で、食材のカット、下ごしらえをして、食材を冷蔵して岩泉町に持ち込みます。


 食材の購入、カットは常総生協の職員さんが行い、下ごしらえをWCちばの山本さんが行いました。

 常総生協が手配した物資とFBちばの物資をトラック、ワゴンに積み込み、常総生協6名、FBちば4名、車3台で岩泉町に向かいました。

   
 10日早朝に岩泉町に入りました。道路沿いに流れる川が氾濫した形跡がいたるところに見受けられます。小さな沢も大量の土砂が流れたようで、いたるところで土砂や木が山積みになっています。


 岩泉町は、通行止めで山側と海側に分断をされており、山側の支援拠点となっている門(かど)地区に到着しました。ここには、小学校や行政の支所があり支援物資の中継基地になっています。そこで、持ち込んだ支援物資を下しました。


 町内への再配送の段取りを打ち合わせをしている常総生協 伊藤専務


門(かど)地区にある小川小学校には、「岩ばっぺ岩泉!! 笑う門には福来る」とダジャレのきいた張り紙

  小川小学校体育館には、地元の中学生や県内応援の消防職員などスタッフが張り付いており一緒に荷物を降ろします。そのあと、炊き出し班と支援物資の配布のお手伝い班に分かれ、作業をお手伝いしました。


泥水をかぶったエリアは散水車がまわる  小川支所に併設された生活改善センターは避難所に


生活改善センター内の調理場で炊き出し準備が始まりました。

この避難所では、150人分の食事を賄っており、自衛隊が炊いた白ごはんと何らかの形で調達をしたおかずを提供。
外部からの炊き出しは今回が2回目。
事前に下ごしらえをしてきたため、手際よく山本さんがみんなに指示をだし、準備が進む。




 一方、町内への再配送のお手伝い班は、再度、トラックに荷物を積み込み、4か所に物資を運びました。かなりの広範囲で被災しており、水がでない、電気がつうじていないなど不便が強いられています。


水がでないところが多く、大量の飲料水を配達しました。
みなさん、大変喜んでいただきました。

炊き出し班はお昼に合わせ、食事を提供します。

 生協の美味しい具材いっぱい使ったカレーとお味噌汁はみなさまに大変喜んでいただき、150食以上提供することができました。みなさんの嬉しそうな顔をみて、料理総指揮をした山本さんも料理人冥利に尽きると強行軍の疲れを吹っ飛ばす元気をもらいました。

一通り落ち着いたところで、スタッフもおいしいカレーを食します。


<お昼のメニュー>
具だくさんカレー
お味噌汁
白米(自衛隊の炊き出し)
ソーセージ他(災害協定でローソン提供のおかず)

今回の被災地支援では、三和商事さま、タムラ製作所さまはじめ、多くの方々のご協力で多くの被災地の方に喜んでいただくことができました。あらためて感謝申し上げます。

拍手[4回]

HOME  → NEXT
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
fb_chiba
性別:
非公開
最新CM
[09/18 ScottNix]
[09/04 エルメススーパーコピー]
[08/30 スーパーコピールイヴィトン]
[08/30 スーパーコピーN級品激安販売]
[08/28 オメガスーパーコピー]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
Copyright (C) 2019 フードバンクちばblog All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]