忍者ブログ
3/1(土)、千葉市生涯学習センターで行われた、映画「もったいない」上映会に参加させていただきました。主催団体からの呼びかけで、上映会開催にあわせてフードドライブも行いました。
映画の内容は、ヨーロッパを中心とした食品ロスの問題を取り上げたもので、この問題を知るうえで非常に有効なものだと感じました。
フードバンクちばとしても上映を考えていければと思います。

食品をお持ちいただいたみなさん、ありがとうございました!



拍手[0回]

PR
News2U.netによると、キャノンマーケティングジャパングループが、防災備蓄食料と飲料水を賞味期限を一定残した状態でNPOセカンドハーベスト・ジャパンに寄贈する取り組みを開始したそうです。

キヤノンマーケティングジャパングループが防災用備蓄食糧・飲料水をフードバンクNPO法人へ寄贈開始

フードバンクちばでも、ソニーイーエムシーエス(株)木更津サイト様大多喜ガス(株)様より防災備蓄食品をたくさんいただき非常に感謝しています。

防災備蓄食品は、その名の通り災害時に食べることを想定しているため、ライフラインが止まった状態でもおいしく食べられ、また栄養価の高いものが多く、困窮した方の支援としても非常に利用価値が高いものです。

ぜひ、各企業ともこのような取り組みをしていただければ、と考えています。できれば、賞味期限まで3ヶ月ほどの猶予があると、かなり広範囲に活用できます。
量がまとまっている場合は、引き取り伺いますので、ぜひお問合わせください。

フードバンクちば Tel 043-375-6804
Mail fbchiba(at)igyoudan.com (at)を@に置き換えて下さい。

拍手[2回]

農林水産省のWebサイトに最新の食品ロスの現状や発生要因、削減に向けての取組が掲載されています。

食品ロスの現状(H21)

食品ロスの削減に向けて(PDF:770KB)

日本では、年間約1,800万トンの食品廃棄物が排出されています。この中には、本来食べられるのに廃棄されているもの、いわゆる「食品ロス」は、年間約500~800万トン含まれると推計されます。(平成21年度)

前年度(H20年度)までは「約500~900万トン」とされていた食品ロスが「~約800万トン」と100万トン少なくなっています。家庭系食品廃棄物が少なくなっているようです。
いずれにしても膨大な量ですね。現在フードバンクで利用されているのはこの内の1%にも満たないものです。
この食品ロスを少しでも減らすことが、フードバンク活動の大きな目的の一つです。

拍手[0回]

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
fb_chiba
性別:
非公開
最新CM
[09/18 ScottNix]
[09/04 エルメススーパーコピー]
[08/30 スーパーコピールイヴィトン]
[08/30 スーパーコピーN級品激安販売]
[08/28 オメガスーパーコピー]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
Copyright (C) 2019 フードバンクちばblog All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]