忍者ブログ


6月25日付千葉日報にて、県生協連ほか5生協の皆さんからの賛同金について記事が掲載されました。

拍手[1回]

PR
6/21に千葉ロータリークラブより寄付金等をいただいた件について、チバテレビのニュースで放映されました。(掲載はYahoo!ニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd2fd01703823ba774aa980a92ce53d0a53048be

千葉ロータリークラブ ひとり親家庭の支援に寄付


配信


チバテレ

 地元の社会奉仕団体から、ひとり親家庭の支援に取り組んでいる団体に、多額の寄付金と食事券が贈呈されました。
 寄付の贈呈式が22日千葉市のホテルで行われ、千葉ロータリークラブの清田浩義会長からフードバンク千葉の菊地謙代表に、現金220万円と60万円分の食事券の目録が手渡されました。
 寄付は主に食品ロスの削減に取り組むフードバンクちばの活動費に充てられ、新型コロナウイルスの影響で収入の減ったひとり親家庭への食材の提供にかかる人件費などに役立てられるということです。

フードバンクちば 菊地 謙 代表
「コロナの事態はたくさんの家庭で危機が生じ、特にひとり親世帯は大変厳しい状況にあると認識しています」 「多額の寄付をいただき、そういう方々(困窮家庭)の支援のために使わせていただきたいと思っております」

千葉ロータリークラブ 清田 浩義 会長
「このプロジェクトがスタートして、会員の方々の思いが一つに集まってきて、もっと金額が増えていくんだと思います」 「より多くの会員に思いが伝わりながら、結果的に金額が増えることにつながっていくように思います」 「善意の輪を広げていくことが大事だろうと思いますし、人は一人では生きていけないので、お互いに助け合いの輪を広げていきたいと思います」

拍手[0回]



2019年9月16日(月)千葉日報「ちばオピニオン・私論直言」に記事を掲載していただきました。

 
 みなさんは「フードバンク」をご存じだろうか?フードバンクとは、賞味期限が近づいたり外装が汚れたりして販売できなくなった食品や家庭で余っている食品(食品ロス)を寄付していただき、福祉施設や生活困窮世帯に無償で提供する活動をいう。千葉県では、20125月に私たちワーカーズコープちば(就労創出や地域づくりを目的とした協同組合)が千葉市で「フードバンクちば」を設立し、7年間活動を行ってきた。

フードバンク活動の背景として、一つには「食品ロス」の問題がある。農林水産省の推計では、日本では年間643万トンのまだ食べられる食品が廃棄されている(2016年度)。食品の製造から流通・販売のさまざまな過程においてロスは発生する。その代表的なものが賞味期限の問題だ。賞味期限は「おいしく食べられる期限」であり、期限を過ぎても食べられないわけではないが、残りの期限が短くなったら販売しないという商品管理の仕組みもあり、製造されても消費者の手に届かずに廃棄されてしまう食品は数多い。


一方、豊かに見える日本でも、日々の食事に事欠く人が増えている。少子高齢化とそれに伴う家族の機能の縮小、非正規労働の拡大など雇用環境の不安定化とワーキングプア層の拡大など社会状況の変化の中で、既存の社会保障などからこぼれ落ちる人が増えてきた。フードバンクちばがある千葉市でも、リーマンショック後の10年で生活保護受給世帯が約2倍、受給者数は2万人を超えている。


このような状況の中、フードバンクちばでは余っている食品と困っている人を結び付ける活動を行っている。年間60トン以上の食品を寄贈していただいているが、家庭で余っている食品を寄贈していただく「フードドライブ」は県内約100か所の拠点で年3回の回収を行い、約35トンと全体の半数以上を集めている。私たちが最も力を入れているのが、個人で困窮する方への支援だ。行政の福祉窓口、社会福祉協議会、民間の支援機関、弁護士などを通じて、毎日1520件、年間2,500件以上の支援依頼がフードバンクちばに届く。利用者は30代から50代の働き盛りの世代が過半数を占める。若い人であっても失業や疾病などにより収入を失うと途端に困窮してしまう状況が見えてくる。「手持ち金がほとんどない」「3日間ほとんど食べていない」など緊急性を要することも多く、宅配便(料金はフードバンクで負担)で翌日には届くようボランティアの皆さんが箱詰めし、ご自宅にお送りしている。利用者からは「フードバンクの活動は知っていましたが、まさか自分がお世話になるとは思っていませんでした。本当に助かりました。(40代、単身)」といった声が日々届いている。


このようにフードバンクは社会的に有益な活動であるが、最大の課題は財政問題だ。食品を無償で引き取り無償で提供するため収益は生まれない。現状で公的な支援は無く、寄付金やサポート会費、民間の助成金などが主な収入だが、利用は拡大しており運営は非常に厳しい状況だ。今後は福祉団体や生活協同組合等との連携だけでなく、企業のCSR部門との連携も広げていく予定だ。


「もったいない」を「ありがとう」に変える千葉の食のセーフティネットづくりの活動にぜひみなさんのお力をお借りしたい。


拍手[3回]


『福祉ちば』2019年7月号

千葉県社会福祉協議会発行の『福祉ちば』2019年7月号に、フードバンクちばの特集を載せていただきました。2014年5月号にも載せていただいているので、約5年ぶりの掲載となります。この間の活動や課題について、わかりやすくまとめていただきました。


拍手[0回]



サッカーのイングランド・プレミアリーグや欧州チャンピオンズリーグで絶好調のリバプールFCが日本ハムとパートナーシップ契約を結んだというニュース

また、日本ハムはノース・リバプール・フードバンクを通じて、地域貢献を目的としてクラブが実施している「レッド・ネイバーズ・プログラム」を支援。経済的に恵まれない層を対象とし、3年間に渡って食品の寄付と出資を行うといい、両者にとってメリットのある契約となった模様だ。
食品メーカーさん。ぜひ日本国内のフードバンクとのパートナーシップもお願いします。

拍手[2回]

HOME  → NEXT
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
fb_chiba
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
Copyright (C) 2020 フードバンクちばblog All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]