忍者ブログ
[15]  [14]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
本日、13:30より千葉県労働者福祉センターにて52名の方が参加し、フードバンクちばキックオフイベントを開催しました。

キックオフイベント

はじめに、杉本恵子ワーカーズコープちば理事長と黒河悟千葉県労福協会長よりごあいさつがあり、労働条件が悪化し生活が困窮する人が増えている状況の中で、フードバンク事業を共に協力して発展させていくことが表明されました。

続いて、熊谷俊人千葉市長からのメッセージが紹介されました。
「食品を寄附により集め、生活に困窮している人たちに配布する「フードバンクちば」の設立を心からお祝い申し上げますともに、今後この活動が市民の皆様の理解を得て、発展することを期待しています。」

キックオフイベント 黒沢

特別報告としてNPOセカンドハーベスト・ジャパンの黒沢剛さんより「フードバンクとは?―全国に広がる活動」と題して講演がありました。最初に、6/1にNHK特報首都圏で放映された『“もったいない”をどういかす~日本の「食」~』の一部を紹介。続いて、フードバンクの仕組みやセカンドハーベスト・ジャパンの取り組み、そしてフードバンクちばとの連携についてご報告をいただきました。

キックオフイベント 菊地

次に、フードバンクの運営を担うワーカーズコープちばの菊地より、「フードバンクちばの事業について―この間の経緯・今後の展開」と題した報告があり、余剰食品を提供いただくことと、集めた食品を必要なところに届けることに加えて、就労困難者や失業者の仕事おこしにもつなげていきたいとの方針が示されました。
また、5月末に西千葉でチラシ配布をして家庭で使わない食品を提供していただいた「フードドライブ」についても報告がありました。

その後、既にフードバンクちばから食品の提供を受けている団体の方からの発言として、千葉市中央公園での炊き出しを中心としたホームレス支援団体「枝の会」の間野さんと奥本さん、市内で薬物依存の方の回復を支援する団体である「千葉ダルク」の三浦さん、おもに精神障がいを持つ方の就労支援の活動などを行っている「NPOカフェ・バルコニーの家」の石川さん、そして労働者福祉センターを拠点にくらし何でも相談の活動を行う「ちばライフサポートセンター」の小竹さんから活動紹介とフードバンクへの期待が語られました。

また、食品企業の立場から(株)ヤマサの宮内さんより、今後の協力関係について語っていただきました。

その他、「貧困問題に関する懇談会」でお世話になっている千葉県弁護士会の神定弁護士からもエールを送っていただきました。

キックオフ 試食

途中、大型マンションの管理組合から提供を受けた災害備蓄品の「きのこご飯」を会場の全員で試食。残りはお土産に持って帰っていただきました。

その後、質疑を行い、フードバンク活動と生活保護など福祉制度の切り下げに関する問題、賞味期限間近の食品を利用することへの心配、行政との連携で何が必要か?などさまざまなご質問、ご意見をいただきました。

缶バッジ

この日のために用意されたフードバンクちば手作り缶バッジの販売とカンパの要請も行いました、バッジは売り切れ、会場カンパも6,865円集まりました。

ご参加いただいた皆さん、メッセージを寄せていただいた皆さん、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。(きくち)

拍手[0回]

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
fb_chiba
性別:
非公開
最新CM
[03/18 渡辺英史]
[01/11 Junlo]
[06/03 きょうこ]
[11/15 FBちば]
[11/15 うっかり]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
Copyright (C) 2018 フードバンクちばblog All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]