忍者ブログ
今年度も「いのちをつなごう~フードバンクちば✖県内生活協同組合連携フードドライブ・キャンペーン」を行います。ぜひ、皆さんご参加ください。





 1.キックオフイベント

日時:2018年8月31日(金)9:30 開場 10:00 開演 12:00 終了

会場:船橋市勤労市民センター ホール(定員400人)千葉県船橋市本町4-19-6

参加費:無料(参加者には余剰食品の持ち寄りをお願いします)

内容:1)キャンペーン開始セレモニー 
   2)フードバンクちばの活動紹介  フードバンクちば代表 菊地謙さん
   3)講演会「からっぽの冷蔵庫~子どもの貧困とフードバンク~」
講師:全国フードバンク推進協議会代表、フードバンク山梨理事長・米山けい子さん■10年前にフードバンク山梨を設立し、フードバンクによる食糧支援を通じて子どもへの支援を行う「フードバンクこども支援プロジェクト」など先駆的な取り組みを行ってきた米山けい子理事長に、ご講演をいただきます
2.キャンペーンの目的

 フードバンクちばは、2012年5月の設立以来、毎年3回、県内95ヶ所の拠点で「フードドライブ」(家庭で余っている食品を寄贈いただく企画)を行い、食品ロスの削減と困窮者支援に取り組んできました。これにより、1回当たり10~15トンの余剰食品が集まるようになっていますが、一方で食べるものに困っている人へ食品援助の要請は増え続けており(2017年度の年間支援件数2,307件)、常に食品は不足気味です。
 このような中で、昨年9月から11月に生活クラブ生協、パルシステム千葉、コープみらい、なのはな生協の県内4生協および千葉県生活協同組合連合会との共同企画として「いのちをつなごう~フードバンクちば×生活協同組合連携キャンペーン」を開催し、各生協でフードドライブ等の活動に熱心に取り組んでいただきました。参加した組合員からは「フードバンク(フードドライブ)活動を食品ロス削減、貧困問題など多面的取り組みとしてとらえて関心を持っていきたい。」「食品ロスをなくしていきたいです。支援の輪も広げていきます。」などの積極的な声が寄せられました。
 今年もキャンペーンを継続し、食品ロスの削減と生活困窮の問題について県内の多くのみなさんに知っていただく企画を行います。
  • キャンペーン期間:2018年9月~11月
  • キャンペーン内容:各生協がさまざまな形でフードドライブの取り組みを行います。
3. 問合せ・申込 フードバンクちば  電話043-375-6804
         Mail fbchibaf(at)jigyoudan.com (at)を@に変えてください。

拍手[0回]

PR
今年も恒例の周年イベント&総会を行います。
ぜひ皆さんご参加ください。

フードバンクちば6周年記念イベント「子どもの貧困と食」
開催日時:6月16日(土)10:00~14:30

会場:千葉大学西千葉キャンパス内人文社会科学系総合研究棟 1Fマルチメディア講義室(第1・2部) 2Fグラジュエイト・ラウンジ(第3部)
主催:フードバンクちば  共催:千葉大学伊丹科研
後援(予定):カレントオブエヌ、千葉市子ども食堂ネットワーク


開会あいさつ
:10:00~10:05

第1部 フードバンクちば2017年度年間活動報告:10:05~11:00

 フードバンクちばは、2012年5月の設立以来、6周年を迎えました。世界的にまた国内的にも食品ロスが社会的課題となり関心が高まっている一方で、生活困窮者支援自立支援制度の普及もあり、フードバンク活動は着実に広がっています。
 また、この1年の特徴として、県内の4生協+県生協連との連携事業として「いのちをつなごう~フードドライブキャンペーン」を2017年9月~11月に行うなど、地域でのネットワークも広がっています。

第2部 記念講演『子どもの貧困と食』:11:00~12:15
講師:村山伸子さん(新潟県立大学人間生活学部健康栄養学科教授)

 フードバンクちばの中心的な活動として、困窮する世帯への食糧支援があります。現在、県内各地の約200の行政機関、生活困窮者支援窓口や社会福祉協議会などを通じて、今日・明日の食べ物に困る世帯への食料支援を行うことで、公的な福祉だけではカバーできない民間の緊急一時支援の役割を担っています。
 今回の記念講演では、村山伸子先生より、フードバンク山梨の「フードバンク子ども支援プロジェクト」の食糧支援について分析・評価を行ったご経験なども踏まえ、困窮状態に陥った人、特に子供のいる世帯に対して、食糧支援を行うことの効果や意義について、お話いただきます。

第3部 意見交換・交流会:12:30~14:25

 フードバンクに寄贈される食品の試食&交流会を行います。
 フードバンク食品を活用した軽食を試食しながら、食品ロスの問題を知り、フードバンクちばの活動について語り合いましょう。

閉会あいさつ:14:25~14:30

● 参加お申し込み方法
お申し込みは① 電話② メールまたは③ ファックスにてお願いいたします。
6/11(月)を締め切りとさせていただきます。なお、いただいた個人情報は当イベント
の運営以外には使用いたしません。
① 電 話▶▶▶ 043-375-6804
② メール▶▶▶ fbchiba(at)jigyoudan.com  (at)を@に変えてください
「氏名」「所属」「連絡先電話番号」「メールアドレス」ご質問などあればご記入の上、
上記アドレスにご送信ください。
③ ファックス▶▶▶ 043-242-8900

拍手[0回]

フードバンクちばでは、1月28日(日)に船橋市の温浴施設「ふなばしメグスパ」のイベントでフードドライブを行います。お近くの方は、ぜひどうぞ。

以下、広報「ふなばし」より
▶1/28㈰フードドライブを同時開催 フードドライブとは、家庭で余っている食料品を持ち寄って、地域の福祉団体やフードバンクなどのボランティア団体に寄付する活動で、まだ食べられるのに捨てられてしまう“食品ロス”の削減を目的としています。
〈日時〉1月28日㈰午前10時~午後5時 
〈対象品〉次のすべてにあてはまるもの 〇賞味期限( 要明記)が2カ月以上ある※米は28年度産まで 〇常温保存が可能※酒類は不可 〇未開封 〇包装や外装が破損していない 
〈問合せ〉資源循環課☎436-2433▪提供された品はフードバンクちば ☎043-375-6804へ寄付します。上記の日時、会場以外で寄付を希望する人は同団体へお問い合わせください。

拍手[0回]



PDFファイル


 フードバンクちばでは、県内の生活協同組合(コープみらい、なのはな生協、生活クラブ千葉、パルシステム千葉、千葉県生協連)との共同企画として「いのちをつなごう~フードバンクちば×生活協同組合連携キャンペーン」を今年9月から11月に開催し、各生協で行うフードドライブと併せて、食品ロスの削減と生活困窮の問題について県内の多くのみなさんに知っていただく取り組みを行います。
●キャンペーン期間:2017年9月~11月
●キャンペーン内容:各生協がさまざまな形でフードドライブの取り組みを行います。

 また、キャンペーンのキックオフイベントを9月7日(火)に下記のように行います。
●日時:2017年9月7日(木)
<午前の部>9:30 開場 10:00 開演 12:00 終了
<午後の部>13:00 開場 13:30 開演 15:30 終了
●会場:千葉市文化センター アートホール(497席)(千葉市中央区中央2-5-1)
●参加費:無料(参加者には余剰食品の持ち寄りをお願いします)
●内容:
1)キャンペーン開始セレモニー(15分)キャンペーンの主旨説明
2)フードバンクちばの活動紹介(15分)
3)映画『0円キッチン』上映会(81分)
(内容)ジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチン・カーでヨーロッパ5ヶ国を巡り、廃棄食材クッキングの旅に出るエンターテイメント・ロードムービーです。各地で食に関するユニークな取り組みを行う人々と出会いながら廃棄食材料理を振舞い意識変革にチャレンジするダーヴィドの『0円キッチン』の旅から食の現在と未来が見えてきます。
●申込:各生協等で受付  7月31日より受付開始(8月25日締め切り)
キックオフイベント参加お申込み方法
8 月25 日(金)までにFAX またはメールにてお申込みください。
※定員を越えた場合は抽選となり、結果はお電話にてお知らせいたします。あらかじめご了承ください。
<お申込み先>フードバンクちば TEL.043-375-6804 FAX.043-242-8900

拍手[1回]

フードバンクちばは、今年5月で5周年を迎えました。6月に下記イベントを予定していますので、ぜひ皆様にお知らせください。

チラシダウンロード(PDF)※裏面が申込書になっています。

フードバンクちば5周年記念イベント「子ども食堂とフードバンク」

開催日時:6月10日(土)10:00~14:30
会場  :千葉大学西千葉キャンパス
     人文社会系総合研究棟 1Fマルチメディア講義室(第1部)
     2Fグラジュエイト・ラウンジ(第2部)(第3部)
主催  :フードバンクちば  共催:千葉大学伊丹科研
後援(予定):千葉県労働者福祉協議会、カレントオブエヌ、千葉市子ども食堂ネットワーク
● 参加お申し込み方法お申し込みは① 電話② メールまたは③ ファックスにてお願いいたします。6/5(月)を締め切りとさせていただきます。なお、いただいた個人情報は当イベントの運営以外には使用いたしません。
① 電 話▶▶▶ 043-375-6804
② メール▶▶▶ fbchiba(at)jigyoudan.com (at)を@に変えてください
③ ファックス▶▶▶ 043-242-8900
「氏名」「所属」「連絡先電話番号」「メールアドレス」ご質問などあればご記入の上、上記アドレスにご送信ください。
<次第>

開会あいさつ:10:00~10:05

第1部:10:05~11:00 フードバンクちば2016年度年間活動報告

 フードバンクちばは、2012年5月の設立以来、5周年を迎えました。世界的にまた国内的にもフードロスが社会的課題となり関心が高まっている一方で、困窮者支援事業と相まってフードバンク活動に注目が集まっています。フードバンクちばの活動も着実に広がり、千葉県内で定着を見せています。
 また、この1年の特徴として、「子ども食堂」が全国的に広がり、千葉県内でも数多くの活動が生まれる中で、フードバンクちばとしても多くの子ども食堂と連携を行ってきました。2015年度の活動実績についてご報告します。

第2部:11:00~12:15 記念シンポジウム『子ども食堂とフードバンク』

報告1:ならしの袖っ子テーブル(習志野市袖ケ浦)
報告2:ぶるーむクラブ(柏市中原)
報告3:おむすび食堂(船橋市高根木戸)
コーディネーター:菊地謙(フードバンクちば代表)
コメンテーター:伊丹謙太郎さん(千葉大学大学院人文社会科学研究科 特任助教)

今年1月、千葉市にて「広がれ、子ども食堂の輪!全国ツアーin千葉」という集会が行われ、500人の会場が満員になり大きな熱気に包まれました。同集会ではフードバンクちばからも報告を行いましたが、共に市民の自発的な活動であり、法律も制度もない中で草の根の共感を集め広がってきた2つの活動については共通点も多く、連携してゆくことでより発展していくことが期待されます。
県内で活動を行っている子ども食堂3団体より現状の活動、フードバンクとの関わり、今後の展望などについてご報告をいただき、ディスカッションを行いたいと思います。

第3部:12:30~14:25 意見交換・交流会

フードバンクに寄贈される食品の試食&交流会を行います。
フードバンク食品を活用した料理を試食しながら、食品ロスの問題を知り、フードバンクちばの活動について語り合いましょう。

閉会あいさつ:14:25~14:30

拍手[0回]

PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
fb_chiba
性別:
非公開
最新CM
[11/16 偽物ブランド]
[05/16 かねつな しんや]
[10/12 michiyo.y]
[10/11 youko☆]
[10/11 スーパーコピーN級品バッグ財布時]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
Copyright (C) 2020 フードバンクちばblog All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]